いわた・きよし アルゴリズム版画「MicroMap93323」のメモと解説

1993年5月3日上梓。 最終更新:2009年6月8日。

 

フラクタル関数

  

Za =( Zz + 1/Zz )Zλ + Zμ; Zz = Za

  

フラクタルを演算描画する複素平面

  

μ

波形N分割要素解析可視化処理法 < 注:1>

  

使用する。4分割要素型の ≧ 逐次比較

漸化打切条件 <注:2>

  

各振動周期性階毎の、size.Max > Za.2乗和(発散時) size.Min < Za.2乗和(収束時)

N分割波形要素値積重解析可視化処理法 <注:3>

  

使用する。第3振動周期階まで

ラピッド解析可視化処理法 <注:4>

  

使用する。各振動周期階毎の、 M > P

振動周期性解析可視化処理法 <注:5>

  

使用しない

漸化回数小数部抽出可視化処理法 <注:6>

  

使用しない

漸化式演算打ち切り時の偏角可視化法 <注:7>

  

使用しない

演算精度

  

long double( 80 bits )

  

発散判定基準 MAXIMUM SIZE

  

1.000000000000000000e+016

収束判定基準 MINIMUM SIZE

  

1.000000000000000000e-016

スケール SCALE of μ

  

2.048000000000000000e-001

拡大率(1/スケール)EXPANSION RATE

  

4.882812500000000000e+000

演算描画間隔 STEP ( PIXEL to PIXEL )

  

5.000000000000000000e-005

複素平面における幅 WIDTH of μ

  

4.096000000000000000e-001

水平方向の画素数 HORIZONTAL PIXELS

  

8192

複素平面における高さ HEIGHT of μ

  

3.072000000000000000e-001

垂直方向の画素数 VERTICAL PIXELS

  

6144

画像の中心(実部)CENTRAL REAL of μ

  

-3.748507585870024700e+000

画像の中心(虚部)CENTRAL IMAGINARY of μ

  

-3.646586591897487000e-001

定数λ(実部)CONSTSNT REAL of λ

  

-9.000000000000000000e-001

定数λ(虚部)CONSTSNT IMAGINARY of λ

  

+2.000000000000000000e-001

定数λ(絶対値)CONSTANT ABSOLUTE of λ

  

+9.219544457292887310e-001

定数λ(偏角)CONSTANT AMPLITUDE of λ

  

+1.674711922908484892e+002

積重ねの基準振動周期性階 ACCUMU.STEP

  

2

積重ねの振動周期性階の飛越し数 ACCUMU.STEP

  

0

精細度 DEGREE of FINE

  

3

漸化数@振動周期性階 ITERATION at FLOOR

  

128

  

画像の左端 LEFT CORNER of μ

  

-3.953307585870024700e+000

画像の右端+1画素 RIGHT CORNER of μ

  

-3.543707585870024700e+000

画像の上端 TOP CORNER of μ

  

-2.110586591897487000e-001

画像の下端−1画素 BOTTOM CORNER of μ

  

-5.694586591897487000e-001

  

左側画像の中心値 LEFT SHIFT of μ

  

-4.158107585870024700e+000

右側画像の中心値 RIGHT SHIFT of μ

  

-3.338907585870024700e+000

上側画像の中心値 UPPER SHIFT of μ

  

-5.745865918974870000e-002

下側画像の中心値 LOWER SHIFT of μ

  

-6.718586591897487000e-001

  

演算開始日時 BEGINNING

  

03/22/93 15:16:33

演算終了日時 ENDING

  

03/23/93 04:32:14

実演算時間 OPERATION TIME

  

0/ 13:15:41

  

 上記は、筆者が、最も気に入っている、世界的に著名な現代美術館から要請されて、なおかつ、フラクタル幾何学の創始者であるB.B.Mandelbrot博士の自宅にも飾られた「アルゴリズム版画」の、筆者独自の、様々な解析可視化のための、筆者が目的成就のために決して妥協することの無いパラメータのメモです。

 筆者の生涯のモットーである「純粋に数学と純粋に美術との、コラボレーションを超えた有機的化合」の成果として、筆者の代表的成果物は、このように数学的に、また、コンピュータ工学的に厳格な条件で演算描画されています。この内、幾つかの項目は、未だに世界未公開の(=世界に類例が無い)、筆者独自の知見であり、これが現在では、「究極の、ITセキュリティ」のための、ひいては、地球上の善人全ての安心安全を守るノウハウに成長するのではないかと、「一を聴いて十を知る」有識者および関係機関指導的担当者から、熱い視線を浴びています。

 
 

元のページへは、ブラウザの「戻る」で戻ってください。

 
当ページの内容を、著者に断り無くコピーしないで下さい。
Copyright ©1990-2009, Kiyoshi IWATA & YoshiTex AESOP, All rights reserved.