暗号 認証 公証

文責者=筆者=株式会社 イソップ 代表取締役  岩田 清

1988年11月3日初稿: 2010年10月1日第20次更新

暗号」とは、

 文字通り、「一般人には容易に解らない符号」のことであって、「秘匿された文字情報」の事だけではありません。

 「判じ絵」も「バーコード」も暗号です。観光案内の「電子絵はがき」を装った「電子あぶり出し暗号」というのもあります。

認証」とは、

 文字通り、それを「本物だ」と認める証のことです。
 それを「本物である。」と認める機関・機構が公的および半ば公的の場合は、これを公証といいます。
 司法的に認証されていない一般的な認証は非公証です。 従って、ある種の認証を済ませていたとしても、それが非公証であれば、最悪の場合、被告側の抗弁の論理に筋が通っていれば、裁判で証拠とならない場合もあります。 また、例え証拠となっても、被害額が微小な場合、裁判費用にも満たないような認証は、ほとんど意味を持ちません。
 つまり脆弱な認証は、悪意有る人の身勝手な理屈によって、常に破壊・破棄・反故・無視される危険を伴っているのです。 世間は善人だけで構成されていませんから、一般的な認証は単なる認印としての効力しか有りません。

公証」とは、

 文字通り、「公的」に、少なくとも「半ば公的」に、それを『本物である。』と認める認証のことです。 一般的な認証の脆弱性を、確実に保護するために、絶対不可欠な知的要素です。 従って、お互いに相手を「絶対信用」できるのであれば、公証は重過ぎる証です。

 しかし、繰り返しますが、世間は善人だけで構成されていません。 悪人が「絶対」います。 初対面時に『私は詐欺師です。』と名乗る詐欺師はいません。予告して予告通り侵入するドロボーもいません。
 なおかつ、人は、降りかかる様々なストレスから自らの命を守るために、自分に都合よく物忘れします。 この傾向は、ストレス源に対する自らの不都合度が大きくなればなるほど顕著です。
 このような、自責を伴わない物忘れを頻繁に繰返す者が、ひとたび権力を握れば、自らに嫌悪感を抱くことなく、弱者に責任を押し付けます。 自責を他責にすり変えてしまいます。 他者から責任を押し付けられて苦い思いをした者は、 この結果、「絶対真実」の情報であっても、それを容易に信じられなくなります。
 航空機を同時に4機もハイジャックされても、4機という数の多さから『そんな悪い冗談を!』と疑い過ぎて、正しい情報を、即座に!正しく処理できなかった者が連絡網に介在したことから、ニューヨークの貿易センタービルは2棟とも崩壊してしまったのです。 なおかつ、この責任を追求されることを恐れた、この関係者は、日本での、社会保険庁の組織ぐるみの年金改竄問題で露呈したように、嘘を守るための嘘、その嘘を守るための更なる嘘を繰り返して責任を逃れました。

 お巡りしながら、コソドロしていたお巡りさんも困り者ですが、振り込め詐欺の疑いで凍結されていた銀行預金を、判決文を偽造して引き出した裁判所書記官もいるのですねェ!
 この偽造判決文書には実在の書記官の名前が有ったそうですが、押されていた裁判所印は本物だったのですかねえ?
本物の印鑑が押されていたのであれば、発覚しなければ、この判決文書は本物ですね!? 大変な問題ですね。

 社会保険庁にも、「上司から指示された正しい仕事」と理解して、改竄・捏造に勤しんでいた職員がいました! これを『変だ。』と思わず、内部告発をしないのであれば、善良な納税者は救われませんねェ! これがまかり通るのであれは、『国のエリートでもやるのだから、民間がやっても無罪だ!』となってしまいます。 社会は、疑心暗鬼に陥り、不活性化し、企業は滅びます。 結果、国も滅びます。

これらの事例から、人は決して性善ではなく程度に差は有るものの、性悪な要素を持っていることが見えて来ます。

正直者が決して莫迦を見ない社会を構築するためには、

 残念ながら、孟子の性善説を捨て、荀子の性悪説に立脚し、これを徹底しなければ、人類全体が、「水は低きに流れる」の果てである地獄に遭遇します。

地球上の生物の栄枯盛衰は、

 天文学的原因以外は全て、「生物の根源は性悪」に起因しています。 最初の生命が誕生したその時点から、性悪な要素が遺伝する形で形成されたからでしょう。 それ故、性悪獰猛な肉食魚や肉食恐竜が、時代時代において性善な生物を食べ尽くし、結果として自らも飢えて滅亡して、それでも僅かに生き残った生物が全て性善かというと決してそうではなく、最初の生命からの性悪な要素は確実に遺伝して、どの時代のどの生物種においても、必ず性悪獰猛な種を発生させています。 幾多の化石がこれを証明しています。 中生代は、肉食恐竜を恐れて夜間活動しかできない弱者であった哺乳類も、この例に漏れていません。 剣虎(サーベルタイガー)やライオンや虎や鯱を発生させています。

人は生物ですから、当然、この事実をなぞっています。

 性善なネアンデルタール人は性悪なクロマニオン人の悪知恵に因って滅ぼされたと考えられます。 クロマニオン人自体が滅びないでいられたのは、僅かな体形の違いと、とりわけ性悪であった故に発達した言語能力に因って、クロマニオン人同士の「共食い・共倒れ」=「総人食い人種化」を極限で避けられた結果なのでしょう。

 ある悪知恵と、それとは異なる悪知恵が衝突して、この結果として、更に知恵が発達したのでは?
と考えざるを得ない、他の生物から見れば、突出した能力である「言語能力」は、

「法」を創り人を「律」する事で、
幾多の小競り合いから、凄まじい戦争の果てに、自らの種が生き延びるための「文明・文化」を手に入れたのでしょう。

戦争が、文明・文化を高めることは事実です。
コンピュータは、敵の暗号を高速に解読するための手段として誕生し、
コンピュータの発達が、情報を効率良く活用するための技術、
IT(Information Technology)を誕生させたのです。

 このように考えれば、「同容積の頭脳を持ちながら、クロマニヨン人の子孫である私たち現人類が繁栄し、ネアンデルタール人が消えて行った理由は、僅かな体形の違いの中では目立つ特徴である、「喉の生物学的構造が、共倒れ・共食いの危険を避ける言語の発達に寄与した」との考えを肯定できます。


 餌となる草食獣が不足すれば凶暴な肉食獣も滅びることは、
オーストラリアの剣虎の例で説明がつきます。カンガルーは猛獣が絶滅した後に誕生したので大繁殖できたのです。
 だからと言って、

『餌食となる被害者の預貯金が枯渇すれば「振り込め詐欺」も無くなる。』
と行政担当者が言うのであれば、国民は、いつまでも黙っていないでしょう。
 
これでは余りにも文化不毛であり、こうさせないのも人知です。

 この人知が、時の権力者の「お墨付き」であり、現代では、このような書類を「公文書」と呼び、
この機能を民間にまで拡張した業務を「公証」と呼びます。

シーザー暗号は、まるでオモチャです。

しかし、シーザー暗号が、シーザーをローマ皇帝にし、1億年破られないはずの現代暗号が、一年で廃棄される運命に陥るのは何故でしょう?

 この理由は、
 2000年前の一般的な武将は、
絶対権力者に忠誠でなければ己の首が飛ぶことを当然とわきまえ、その結果、情報漏洩、成済まし、偽装、改竄、捏造は、微々たる数に抑えられていたのに対して、
 現代は、
民主主義の名の下に、100点満点の有能者の知恵が、平均点近傍の、自然科学的に多数派であることが自明の者たちの「皆で渡れば怖くない」的無責任さに押し切られて、 然るべき歯止でもって厳しく制御されなければ守れないはずの国民の生命と財産が野晒しにされ、自己中心的な野望に満ち溢れた者(クラッカー)ばかりでなく、
善人ではあるが不用心な者の、従って、元凶が本人自身であることが解らない者の単純なミスに因って、際限なく破壊され尽してしまうのを待つのみの状況に陥っているからです。
 ローマ帝国も、中国歴代王朝も、曽我氏・藤原氏・平氏・源氏・足利氏・徳川氏等々も、また、巨大に成長した企業も、
優れた指導者の死に因って、再興できる実力者が現れない限り、生者必滅の諺から逃れることは出来ないのです。


 有能過ぎたが故に落ちこぼれてしまったハッカー(本来の意味は「有能者」)は、クラッカー(破壊者)に変身します。

 それ故、企業内に残った凡庸な技術者が、決められた勤務時間内でこしらえた程度のソフトで処理された暗号は、
採算を度外視した怒れるハッカー、クラッカーの執念に因って、いとも簡単に破られてしまいます。

 もはや、従来型の共通鍵暗号・公開鍵暗号は、最新最強と評価されている物でも「絶対」危ないと認識すべきです。

 大所高所から眺めれば、民主主義は絶対主義よりも優れていると言い切れるのでしょうが、

民主主義を採用する限り、

 全体の中では少数派に決まっている100点満点の先進的な知見は、他の者が、素直に聞く耳を持たない限り、多数派に決まっている平均値近傍の者の、間違いだらけの非先進的意見に因って潰されてしまうのです。
 時と場合によっては、中庸な意見は大切ですが、中庸と凡庸(非先進的)とは似て非なるものです。
 残念ながら、民主主義は、此処に重大な欠陥が有り、スペードのエース的な切り札が「歯止め」として不可欠なのです。

大衆は、実際は、烏合の衆に過ぎない!

 従って、「先進的な100点満点知見ではなく非先進的な50点知見が民主主義の名の下に通ってしまう」との矛盾を払拭できません。 この、民主主義が含有する「多数決の欠陥」を補うに足る「然るべき歯止め」として、電子化された公証、略して 電子公証が「絶対」不可欠なのです。

 それ故、「何事も、電子公証との「時空間不可分」 の連動無くして安全は保障できない」との結論が導き出されます。

 このように「公証」は、現代社会において不可欠な人知です。
 通信業務の安全においても、陸海空の交通の安全においても、食の安全においても、それぞれにふさわしい「公証」が 対象となる事物と「時空間不可分」で介在することが「絶対不可欠」です。
 ただし、「公証」が時に「情」が真実を捻じ曲げてしまうこと必然の「人の手」でなされている限り、
裁判所書記官の悪事の例で判るように、「横取り」「成済まし」「偽装」「改竄」「捏造」は「絶対」皆無にはなりません。

 しかし残念ながら、現状の「公証」は、人手を全く介さない形の「電子公証」であっても、
対象事物と「非時空間不可分」である(=時間的・空間的に切れている)」ので理想的な活用状態に成って居ません。

 認証で世界的メジャーになったV社のホームページにおいて、V社の認証技術の紹介記事を読む限りでは、V社が認証において暗号を活用していることから、非先進的な知見しか解らない国民および産・学・官は、V社の認証システムを大容量情報通信用に改良すれば、IT安全保障はこと足りると考えるかも知れません。

 しかしながら、V社は、世界中の、情報セキュリティの、先行知見・知財を所有する機関・企業が、おしなべて、暗号に力点を置いていることに着目して、その「隙間」産業として、認証・公証サービス事業を思いついたのに過ぎませんから、その暗号処理技術を最適に改善できると仮定しても、その仮定だけで、デジタルデータ化された知財を特定の受信者に安全送付できるとは認められません。 この理由は、

V社に、弊社・岩田の知見に該当する優れた知見・知財が有れば、
米国特許商標庁が岩田の知見に対して特許を認めるはずがありません。

と云う事です。 この意味する所は、「V社の暗号処理方式の有効性は、V社の認証処理システムに限って」との逆説的な証明となります。

 私が、10年前に注意喚起した「情報交通の大渋滞」への対策を怠ったままでの銀行の大合併は、利用者の利益よりも、関係企業の利益が優先するという非先進的知見がまかり通った事に因って、ハッカー、クラッカーに因って「交通情報の大渋滞」を残念ながら招いてしまいました。 この結果、ATMが長期間使えないという異常事態に遭遇しました。

このような異常事態を寄せ付けない為に、

 世界の然るべき機関が、既に『究極のIT安全保障である。』と高く評価して居る、特許 ITSSの早期援用に向けて、国の関係府省庁及び関連特殊法人が真っ先に動くべきです。

 しかしながら実際は、これらの関連機関は、
まず自らの利権保護を考え、次に関係企業の利権保護を考え、それに抵触しないものでなければ素早い反応をしません。
 国家公務員は、常時、襟を正していなければならないはずなのに、この、呆れた体質ゆえに、「正直者が莫迦をみない理想社会を、天国・極楽ではなく、現世に実現することを目的とした「ITSS」は、行政や大企業の「既得権を奪うもの」として無視されるか、「荒唐無稽、誇大妄想」と揶揄されるかしかありませんでした。
 このような酷い状況は、米国では、
9.11テロ以降、完全に無くなり、今では、逆に、 高額の支度金を示しながらの渡米の促しに変化しましたが、
 日本においては、
米国が「ITSS」の特許を認めるとの証拠である米国特許商標庁の「オフィスアクション」のコピーを見せるに及んでも、『これこそ、ニセモノ。 眉唾物?』との呆れた対応に始終され続けました。
 米国に次いで中国が弊社・岩田の「ITSS」の特許を認めるに及んでも、日本の特許庁は、特許と認めませんでした。
 何らかの政治的・行政的意図が、特許認定を遅らせたようです。

 だとしたら、これは、最終的に、日本国の信用失墜に繋がります。
 
何故ならば、米国特許商標庁発行の特許認定書は、国際特許条約に基づいて、日本特許庁の国際特許調査部が作成した「調査報告書」をベースにして、特許査定していることが明らかだからです。

 ということさえも忘れして、特定利権を守るために何某かの妨害工作を行っているのであれば、
これでは、善良な日本国民は、いつまで経っても浮かばれません。

 国家公務員は、地方公務員も、国公立大学関係者も、これらに関連する特殊法人関係者も、まず、憲法第3章第25条に基づいて、国民全体が享受すべき「健康で文化的な権利」を考え、次に、「健康で文化的な権利」を達成するための目的に意欲的な企業の知財保護を考え、それに抵触する様々な問題点を改善しするために国民の税金を使うべきです。

 原情報のバイト数を変化させない、現代暗号の元祖「排他的論理和暗号」の長所を確実に受け継いでいる「ITSS」は、
既に何らかの方式で暗号化されている情報に対して、更なる処理を加えても何ら問題を起こさないからです。

 「排他的論理和暗号」は、暗号化する情報が極度に短い場合は、簡単に不正解読されるという欠陥が有りますが、この欠陥を最良に補って余りある改良を施したのが「ITSS」の「三段構えの暗号化処理」です。

 「水掛け論」の起きようが無い、世界で唯一の知見である、特許ITSSの社会基盤化に向けて、立法・行政は、ITの「究極の安心安全対策として、

1: 公的発言をも含む公文書は、全て「特許ITSS公的援用」の下に関係付けねばならないこと。
2: ここで言う「特許ITSS公的援用」とは、実用レベルの強度を持つ暗号と司法的に厳密な公証とが「時空間不可分」で有ること。
3: ここで言う「暗号」とは、既存の「共通鍵暗号」及び「公開鍵暗号」の「機能の上位互換」であること。
4: ここで言う「認証」とは、既存の「電子公証」の「機能の上位互換」であること。

への格上げを目指す法制化を図るべきです。

私は金の亡者ではありません。だからこそ、
「公的権利は公的ゆえに国へ」

と、言って居るのです。 しかしながら「ITSS」を地球規模で定着させるためには優れた人材の多様な協力なくして不可能であることを熟知しています。 この多様な人材を獲得する為に、それ相当の資金がなければ折角の特許も意味を持ちません。 ボランティア的な協力だけでは、早急な世直しは期待できないのです。
 それゆえ、私は、公的援用と、民的活用とに拘るのです。

日本の情報セキュリティーの、最大の問題点

 ここまで読んで下さった方、かつ、感の鋭い方であれば、日本で、暗号については経済産業省、認証・公証については法務省、通信に関しては総務省の管轄という状況は、非常に劣悪な状況であることがお判りになって下さるでしょう。

 国民一人一人を、法の下に平等に守るためには、IT安全保障は、政府の責任において、早急に一元化すべきです。
 と同時に、一元化(一極集中)に因る弊害を完膚なきところまで排除すべきです。
 この為には、多元多層化(多極分散)が「絶対」不可欠です。
 つまり、「一元化と多元多層化との、それぞれの良いところ取り」を果たすことが肝心要です。
 この、一般には、矛盾すると思われることを、矛盾なく行えるところが「ITSS」の国際特許知見なのです。

 このように改善しなければ、外交も防衛も年金も食の安全も交通の安全も通信の安全も情報の企業内部漏洩も、国民が納得できるかたちでの解決に永久に到達しません。

 しかしながら、内閣府の「IT戦略会議」の動きも、期待とは裏腹の動きをしているようです。

地球規規模の案件を問題なく処理するためには、
特許ITSSが
世界に先駆け獲得した知見知財化による「公平の保証」が不可欠!

 先進国が自国だけの利益だけを考える時代は終わりました。

 全ての「地球民」を幸せにするという。

 このバカデカイ理想を具現する地球唯一の知恵のために不可欠な知見が「ITSS」なのです。

  「クラウドコンピューティング」時代に特許ITSSは絶対不可欠な知見知財です

 それ故、この提言は、日本政府、日本企業に発する最後通牒的な呼びかけです。

 敏速な反応がなければ、仕方なく海外から「ITSS」を逆上陸させます。

元のページへは、ブラウザの「戻る」で戻ってください。

当ホームページの内容を、著者に断り無くコピーしないで下さい。
Copyright ©1988-2009, Kiyoshi IWATA & AESOP Corp., All rights reserved.