東電の企みに嵌らないように!

初稿:2013年7月26日 最終更新:2013年7月27日

文責:  株式会社 イソップ   代表取締役  岩田 清 ( いわた・きよし=文責者=筆者)

冷静に見ましょう!

福島原子力発電所カム/編集されたバージョン… <画面クリックで動画>

 実に馬鹿馬鹿しいトリックですが、かなり多くの方が騙されて居る様子なので、私が種明かします。

2013年7月4日17時10分〜21時15分の動画でも確認できるインチキ! <画面クリックで動画>

先に結論を書きます!

 此のページで紹介して居る2本の動画は、東電が、福島第一原発事故を起こした真の原因を隠蔽し、東電など電力販売会社と、東芝、日立、三菱など 原発製造会社との利益を、地球上の、人と生きる物すべての命よりも優先させるべく企んだ情報工作物です。

 長時間録画を最初から最後まで、入念に点検した結果、この2本の動画は、疑いなく、東電の悪辣な企図に沿って「演出」して居ます。

 具体的には、 @海霧の侵入を悪用して、 A1〜3号タービン建屋の海側の、現在、放射能汚染水漏れ防止工事などを行って居る工事用照明を、 B火災のように 見せかける為に、 Cふくいちカメラの脇で、明るい内から、黒煙を発するものを燃やし始め、 D日没で、工事用照明が点灯すると同時に、 E此の煙が 遠方の工事用照明に重なるように、何か、時に光を発する物を振り回して揺らがせ、 F海霧に包まれた工事用照明の光と揺らぎとが、 Gふくいちカメラ訪問者が『火災事故だ!』と錯覚して恐怖感を抱く様に演出して居ます。 H夜間工事終了時刻9時で、工事用照明が消えると同時に演出も終了。

 此の演出の究極目的は、ふくいちカメラ訪問者が、恐怖を覚えて大騒ぎした後も、真実の放射能物質発散事故ではないのですから、当然、騒ぐ前と、放射線量は全く変わらない。 『だから、ふくいちカメラ訪問者、強いては、 日本国民、世界中の民は、徒に騒がずに、東電を信用して、安心しろ。』との情報工作だと、私は看破しました。
 本当に馬鹿らしい! この情報工作手段は、2年前の、セシウム吸着装置建設工事時点と全く変わって居ません。

2013年7月4日17時14分14秒 @海霧が侵入 <画面クリックで文字が消えます>

2013年7月4日18時57分47秒 Cふくいちカメラの脇で黒煙を発するものを燃やし始め、

2013年7月4日19時05分41秒 原子炉建屋への照明点灯。作業用照明も点灯。

2013年7月4日19時08分40秒 薄暗く成っても、未だ、黒煙を発し続けて居る

2013年7月4日19時12分17秒 薄暗く成っても、未だ、黒煙を発し続けて居る。

2013年7月4日19時14分09秒 汚染水漏洩防止目的の工事現場の照明も目立つ様に成った。

2013年7月4日19時19分03秒 海霧に黒煙を混ぜ合わせる様な怪しい動きが画面可変中央に見られる!

2013年7月4日19時24分05秒 海霧に黒煙を混ぜ合わせる様な怪しい動きが画面可変中央に見られる!

2013年7月4日19時32分27秒 海霧に黒煙を混ぜ合わせる様な怪しい動きが画面可変中央に見られる!

2013年7月4日19時34分25秒 特に怪しい動きが画面可変中央に見られる! 此れ、何?

2013年7月4日19時41分12秒 海霧が薄れると、遠方の「白色の輝き」も縮小。

2013年7月4日21時00分56秒 夜間工事終了! 摺込み作業も終了! 未だ黒煙が薄っすらと残って居る!

何故、こんな子供騙しをするのか?

2013年7月2日3時31分31秒の、ふくいちライブカメラの画像 <画面クリックで、此の画面が含まれる動画へ>

 此の理由を東電が述べる筈が有りませんから、私が、書きます。 先ず、7月2日未明に、こんなトラブルが、ふくいちカメラに起きました。
 単なるブロックノイズですが、 東電にとって、此の症状は、私に『放射能障害だ!』と攻め立てられた苦い過去を 思い出させたのかも知れません。

更に、翌日、こんなニュースが! 何だか東電に良心が有るみたいな毎日新聞の報道姿勢は凄いなあ!

 東電から高額の広告料を得ているので、新聞社は国民の方を向きません。
 此の歪んだ(=人の道に反する)情報の流れを改善する、言うなれば、「排水路」「分水路」を作る事が、真の政治だと確信します。

  ★阿修羅♪が、私と同じ様な感じで、話題にしました。

 どうやら、此の辺りが、東電の、7月5日の、怪しい行動の要因だと見做せば、「当たらずとも遠からじ」だと思います。

上記の例同様、実に馬鹿らしい2011年7月の例

2011年7月16日23時29分29秒 <画面クリックで動画へ>

 此の動画も注意して視れば、4号プールが噴いて居ますから、現在の放射線量に比べれば相当危険な状況です。
 しかし、東電は、国民や国会議員に対しての、物凄い情報隠蔽と洗脳が「功を奏して」幾らか余裕が出来たのか、動画で赤い▼の動きに注目してください。
 大多数の「対放射能単純恐怖者」は、東電情報工作員からの洗脳情報を真に受けて、『共用プールが大変らしい!』『何か、大慌てで走り回って居る人が居る!』と 云う慌て者の出現に、ふくいちカメラ担当者は悦に入って居ましたね。
 「★阿修羅♪」も、「2ちゃんねる」も、似たり寄ったりの状況でした。

比較の為、放射能物質が発散され危険だった2011年6月21日の例

2011年6月21日02時08分18秒 <画面クリックで動画へ>

念の為、2011年6月の「ふくいちカメラ」の注目箇所の位置相対関係を再確認 <画面クリックで文字が消えます>

とりあえず、此処までで投げます。
続いて次を書きます。


東電の企みに嵌らないように!
目は口以上に物を言う!
此の動画は地震人災津波天災に摩り替え可能かとの確認で撮った1/3
此の動画は地震人災津波天災に摩り替え可能かとの確認で撮った2/3
此の動画は地震人災津波天災に摩り替え可能かとの確認で撮った3/3
此の動画は核爆発を何処まで隠せるかを目的に命懸けで撮ったようだ
此の改竄書類は東電と政府との犯罪を「視覚証拠」として決定付ける物
福一は直下型地震で止めを刺された・1
放射能汚染水駄々漏れ
東電広報資料から視覚的証拠を見出す
私が福一原発事故に対して視覚証拠を収集して得た結論です
こんなにも疑いたくないのだけれど
1号炉も核爆発から始まって居た!
3号炉爆発雲は南東に流れて居た!
4号機爆発は、想定外の核爆発だった!
東電が、思わず、私の直下活断層説を追認!」
「井戸川双葉町長への提言!」
「2013年元旦発見の航空写真を、確たる目的を持って」
「柏崎刈羽原発と中越沖地震について 目次」
「大丈夫だろうか? 目次」

「いわた・きよし」のホームページ総合目次へようこそ!」
上記以外は、ブラウザの「戻る」で戻って下さい。

Twitter   Face Book   E-Mail:k-iwata@rinne.co.jp

当ページの内容は著作権で保護されています。著者に断り無くコピーしないで下さい。
Copyright ©2013, Kiyoshi IWATA & AESOP Corp., All rights reserved.