大丈夫だろうか?

 
東北電力東通原発は、営業発電する前から、
建屋と原子炉の重みで、地盤沈下して居た?

 

初稿:2012年12月12日 最終改訂:2013年3月24日
文責: 株式会社 イソップ  代表取締役  岩田 清 ( いわた・きよし=文責者=筆者)

北西側から俯瞰、歪を強調した、東北電力東通原子力発電所1号機

東側から俯瞰、歪を強調した、東北電力東通原子力発電所1号機

南東側から俯瞰、歪を強調した、東北電力東通原子力発電所1号機

南西側から俯瞰、歪を強調した、東北電力東通原子力発電所1号機

東北電力は「大丈夫」と見做して居るようですが、 グーグルアース3D機能では歪が可視化されて居ますね!?

2012年12月14日の追記

こんなニュースが!
 まさか、 私のHPの疑問を受けて、慌ててじゃ無いでしょうね?
東北電力東通原発、きょう断層 調査原子力規制委

2012年12月19日の追記

 真実を確かめる為に、古い航空写真を入手、独自解析可視化技術で、ボケを最適化処理しました。

1970年5月24日の東通原発建設予定地(広域) 幾筋かの断層が在る事が判ります。

1970年5月24日の東通原発建設予定地 幾筋かの断層が在る事が判ります。

1975年9月30日の東通原発建設予定地(南部) 幾筋かの断層が在る事が判ります。

2008年8月9日の東通原発 断層を無視して東北電力の1号機が建設された事が判ります。

2013年3月24日の追記

やっぱり、電力会社は、東電だけでなく、全部が、「国民の敵」ですね!


こんなにまで疑いたくないのだけれど
3号炉爆発雲は南東に流れて居た!
4号機爆発は、想定外の核爆発だった!
東電が、思わず、私の直下活断層説を追認!」
「柏崎刈羽原発と中越沖地震について 目次」
「大丈夫だろうか? 目次」
上記以外は、ブラウザの「戻る」で戻って下さい。

当ページの内容は著作権で保護されています。著者に断り無くコピーしないで下さい。
Copyright ©2013, Kiyoshi IWATA & AESOP Corp., All rights reserved.